表紙>映像演技武術研究会>入会申込


映像演技武術研究会


入会申込

本人写真の画像をご用意の上、以下の応募申し込みフォームに添付して、送信して下さい。

映像演技武術研究会規約書

第1条(趣旨)

この会則は、映像演技武術研究会(以下、当研究会とします)の活動理念に基づき、代表及び所属会員が秩序正しく快適に活動を行うために必要な事項を定めるものとします。

第2条(名称)

当研究会の名称は、「映像演技武術研究会」(通称「演武研」)と称します。

第3条(上部団体)

当研究会は、代表者が創設し運営する世界観共有型会員制創作活動団体「同人結社創作信仰鬼姫狂総本部」を上部団体とし(以下、上部団体とします)、その関連下部団体として発足するものとします。

第4条(目的)

当研究会は、代表者が上部団体にて企画制作する実写映画作品「鬼神童女遊侠伝」シリーズ(以下、当該映画作品とします)への出演を想定し、武術を中心とする演技の実践的な研究を重ねることを第一の目的とします。これを通じて、所属会員の人格を高め心身の健康を促進し、相互の親睦を図り、埼玉県西部地区を中心とする映像芸能文化の発展に貢献していくことを目指します。

第5条(活動)

当研究会は、前条の目的を達成するために次の活動を行います。
(1)演技基礎(体操、発声、朗読、歌唱、即興芝居)
(2)武術基礎(構え、突き、蹴り、極め、投げ、受け、倒れ)
(3)武術応用(大刀、短刀、薙刀、拳銃、小銃、その他武器術)
(4)武術実践(立ち回り)
(5)創作剣舞(舞手:鬼姫山三神 OP映像用)
(6)映画出演
(7)護身組手
(8)その他、前各号に付帯又は関連する一切の活動

第6条(代表)

当研究会の代表者は、上部団体の代表者が兼任するものとし、その承継は上部団体の結社会則に準じるものとします。
2 代表者は、当研究会の活動上必要がある場合、副代表を指名することができるものとします。

第7条(事務局)

当研究会は、代表者の自宅を事務局とします。

第8条(活動場所)

当研究会は、映画出演時の撮影現場を除き、代表者の居住地又は近隣市町村に所在する公共施設を主な活動場所とします。

第9条(会員構成)

当研究会の所属会員は、当該映画作品への出演に興味のある映画俳優志望者であり、当該映画作品の印象を左右する主演女優を除き、特別な容姿審査なしに広く一般から募集した参加者で構成するものとします。
2 所属会員は、次に定める部門に分かれるものとします。
(1)ヒロイン候補生(9歳から10歳前後の少女及び18歳から25歳前後の未婚女性)
(2)スーツアクター候補生(18歳から30歳前後の男性)
(3)その他研究生(年齢性別容姿不問)

第10条(募集定員)

当研究会の募集定員は特別に定めないものとし、随時増員できるものとします。但し、第一期募集に限り、次に定める人数を募集の上限とします。
(1)ヒロイン候補生(子役1名、大人役1名)
(2)スーツアクター候補生(お供役2名、悪役3名)
(3)その他研究生(子役少女1名、母親役1名)

第11条(入会資格)

当研究会の入会資格は、原則として、次に定める条件をすべて満たす場合に成立するものとします。
(1)心身ともに健康な者
(2)埼玉県狭山市又は近隣市町村在住の者
(3)上部団体の活動理念に賛同し、当該映画作品に出演する意思がある者
(4)映画制作という目的のため、演技者としての自主的な技術向上に励み、制作者及び他の演技者との協力のもと誠実に活動に取り組める者
(5)芸能事務所と専属契約をしていない者
(6)喫煙しない者又は活動場所で喫煙を我慢できる者
(7)未成年の場合、映画出演について保護者の同意を得ている者

第12条(入会時期)

当研究会の入会時期は、当該映画作品の出演者募集時期とは係わりなく、原則として年間を通して継続するものとします。

第13条(入会選考)

当研究会の入会選考は、代表者自身による書類選考と面談選考にて行うものとします。
2 ヒロイン候補生のみ、次に定める基準に基づき容姿審査を行うものとします。
(1)キャラクター設定に準拠し、身体的特徴が小柄、細身、貧乳であること
(2)思春期以降の男子から見て魅力的であると想定できること
(3)代表者から見て魅力的であると判断できること

第14条(入会手続)

当研究会の入会手続は、会員名簿の登録、会費の納入及び傷害保険の加入をもって完了するものとします。

第15条(会費)

当研究会の所属会員は、研究費として月5,000円の会費を納入する義務を負うものとします。会費は、稽古場の使用料金、共用の稽古用具の購入資金、映画出演権確約金、撮影完了会予算、出演料予算として使用し、所属会員の便益に還元するものとします。

第16条(保険加入)

当研究会の所属会員は、人傷及び物損のための個人賠償特約付きの傷害保険に加入する義務を負うものとします。

第17条(映画出演権確約金)

前14条において、会費に含まれる映画出演権確約金は、代表者が受け取る権利金であり、当研究会の所属俳優の人員の実態に合わせて活躍の場を作るために臨機応変に脚本を書き換える作業の対価になります。所属会員は、これに同意するものとします。

第18条(費用負担)

当研究会の所属会員は、会費及び保険加入費以外に、別途、次の費用を負担するものとします。
(1)武道具の購入費
(2)稽古着の購入費
(3)稽古場及び映画撮影現場への交通費
(4)稽古場及び映画撮影現場での飲食費

第19条(映画出演)

当研究会の所属会員は、上部団体による当該映画作品に出演する際、撮影現場において上部団体の指揮監督下に置かれるものとし、撮影期間が終了するまで途中離脱することなく誠実に履行するものとします。当該映画作品の出演契約は、別途締結するものとします。

第20条(撮影協力)

当研究会の所属会員は、上部団体による当該映画作品の撮影の便宜を図るため、要請により、次に定める協力をするものとします。当該映画作品の撮影協力は、別途契約するものとします。
(1)私物の衣装又は小道具の使用
(2)自宅の外観又は室内の使用
(3)自宅以外の私有する各種施設の外観又は室内の使用
(4)私有する車輛、船舶又は航空機の使用
(5)飼育する動物の使用

第21条(著作権・肖像権)

当研究会の代表者は、当研究会の広報活動を目的として、所属会員の活動の様子を映像又は写真として撮影し、所属会員の実名又は変名を表示し、個別の許可なく使用することができるものとし、その著作権は所属会員の退会後も継続して代表者が保有するものとします。
2 所属会員が各自で撮影した映像又は写真は、代表者及び被写体となった所属会員の許可なく使用することを禁止するものとし、使用する場合は事前の許可を得るものとします。

第22条(個人情報保護)

当研究会の代表者は、会員名簿に記載された所属会員の個人情報を厳重に保管し、当研究会の活動又は上部団体の活動の目的以外に使用しないものとし、外部への流出を防止する責任を負うものとします。

第23条(会計年度)

当研究会の会計年度の期間は、毎年1月1日から12月31日までとします。

第24条(退会手続)

当研究会の所属会員は、代表者に退会意思を表示することで退会することができるものとします。但し、上部団体との間で当該映画作品の出演契約が締結され、撮影準備期間又は撮影期間が継続している場合は、原則として期間終了までは退会しないものとします。

第25条(反社会的勢力の排除)

代表者及び所属会員は,現在,暴力団,暴力団員,暴力団準構成員,暴力団関係企業,総会屋,社会運動等標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等,その他これに準ずる者(以下,「反社会的勢力」とします)のいずれでもなく,又,反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等に属する者ではないことを表明し,かつ将来にわたっても該当しないことを確約するものとします。
2 代表者又は所属会員は,相手方が次の各号のいずれかに該当する場合,何らの催告をすることなく契約を解除することができ,相手方に損害が生じてもこれを賠償することを要しないものとします。
(1) 反社会的勢力に該当すると認められるとき
(2) 相手方の経営に反社会的勢力が実質的に関与していると認められるとき
(3) 相手方が反社会的勢力を利用していると認められるとき
(4) 相手方が反社会的勢力に対して資金等を提供し,または便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
(5) 相手方又は相手方の役員もしくは相手方の経営に実質的に関与している者が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
(6) 自ら又は第三者を利用して,暴力的な要求行為,法的な責任を超えた不当な要求行為,脅迫的な言動,暴力及び風説の流布・偽計・威力を用いた信用棄損・業務妨害その他これらに準ずる行為に及んだとき

第26条(強制退会)

次に定めるいずれかの事項に該当する場合、当研究会の代表者は、所属会員を強制的に退会させることができるものとします。
(1)本規約書の内容に違反したとき
(2)当結社の所属会員又は上部団体に関係する人物に対して迷惑行為を行ったとき
(3)反社会行為、犯罪行為、一般的な公序良俗を逸脱する行為をしたとき
(4)暴力団その他反社会的組織に所属又は近い関係であることが判明したとき
(5)正当な理由なく2ヶ月以上連絡不能になったとき
(6)その他、当研究会の趣旨に照らして所属会員であることが望ましくないとき

第27条(免責事項)

当研究会の活動中(移動中を含みます)において生じた人身事故、物損事故及びその他一切の事故については、代表者はいかなる責任も負わないものとし、所属会員の自己責任とします。又、所属会員間の損害賠償請求についてはこれをあらかじめ放棄するものとします。

第28条(不可抗力)

当研究会は、天変地異、戦争、革命又は政変などの予測不可能な事態によって活動を継続できなくなった場合、代表者所属会員共に活動の実施を放棄することができるものとします。

第29条(活動の休止又は解散)

当研究会は、次に定める場合に、活動の休止又は解散をするものとします。
(1)代表者又は代表権承継者の死亡
(2)代表者又は代表権承継者の重篤な傷病
(3)上部団体の休止又は解散

第30条(規約内容の変更)

本規約の内容は、代表者が必要と判断した場合に、所属会員の事前の同意を得ることなく随時変更ができるものとし、規約内容を公示した時点で効力を発するものとします。

第31条(準拠法)

本規約の準拠法は日本国法令とします。

第32条(合意管轄裁判所)

当研究会の運営について、会員及び第三者との間で法律上の紛争が生じた場合、事務局所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。



同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 映像演技武術研究会 代表 秋元惟史

平成30年11月7日 作成・施行
平成30年11月9日 改定

映像演技武術研究会規約書を保存又は印刷する(PDF)
申込年月日 西暦日 ※必須
お名前(本名) ※必須
お名前(芸名)
郵便番号 ※必須
住所1(都道府県) ※必須
住所2(市区町村) ※必須
住所3(それ以降) ※必須
電話番号(半角) ※必須
電子郵便(半角) ※必須
電子郵便 確認(半角) ※必須
電脳拠点媒体
homepage (半角)
生年月日 西暦日 ※必須
年齢(半角) ※必須
性別 男性 女性※必須
希望部門 ヒロイン候補生 脇役スーツアクター候補生 悪役スーツアクター候補生 その他研究生
※必須
保護者同意(未成年のみ) 同意しています。
規約同意 同意しています。※必須
本人写真1(顔)
※必須 5MBまで 横3cm × 縦4cm JPEG,GIF,PNG 
本人写真2(全身)
※必須 5MBまで 横8.9㎝ × 縦12.7㎝ L版
JPEG,GIF,PNG
身長 cm ※必須
衣装制作の際に、細かい採寸を行います。
最終学歴 ※必須
生計のための職業 ※必須
趣味
※必須 400字以内
志望動機
※必須 400字以内
自己PR
※必須 400字以内
映画制作に活かせる資格・技能
※必須 400字以内
運転免許、火薬・危険物取扱者、演劇経験、武道・体操経験、衣装・小道具制作経験、作曲経験など

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください



戻る


栄久広告貼出所
(100個自動抽出)

栄久広告貼出所(特設一覧)

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部は、広告師様による栄久広告貼出所への広告掲載料金によって、広告宣伝費を調達しています。
大規模広告を展開し、集客力を向上させるため、栄久広告の出稿にご協力ください。

栄久広告掲載を申し込む