表紙>架空史跡登録募集>広告掲載申込


架空史跡登録募集


架空史跡登録申込

以下の架空史跡登録申込規約書をお読みになり、申込画面に必要事項を入力し、送信して下さい。

架空史跡登録申込規約書

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表 秋元惟史(以下、甲とします)は、架空史跡登録申込者様(以下、乙とします)に対して、次の通り、架空史跡登録申込規約を定めます。

第1条(目的)

甲は、乙による架空史跡登録申込を受けてこれを承諾し、乙に対して、架空の民俗信仰「武州鬼姫信仰」に基づく架空史跡の情報を認定し、正式な一次史料として登録する役務を提供します。

第2条(架空史跡の定義)

架空史跡とは、「武州鬼姫信仰」が仮に実在の民俗信仰であるとしたとき、歴史的事実を示唆する物的証拠として機能しうる自然物又は人工物のことを指すものとします。

第3条(史跡登録規格)

史跡登録規格は、次に定めるものとします。
(1)史跡名称
(2)史跡所在地
(3)史跡概要・由緒書
(4)史跡画像
(5)史跡交通案内
(6)伝承者氏名
(7)登録年月日

第4条(登録期間)

登録期間は、1年間を1単位とし、更新によって半永久的に継続できるものとします。
2 登録機関の更新は、更新料金の支払によって自動的に行われるものとします。

第5条(登録可能地域)

登録可能地域は、日本全国とします。

第6条(登録件数)

登録件数は無制限とします。

第7条(登録順位)

登録順位は申込先着順とします。

第8条(申込資格)

架空史跡登録申込の資格は、次に定める要件を満たす場合に成立するものとします。
(1)原則として20歳以上であり、歴史に名を残すことに興味がある歴史愛好家の個人であること
(2)未成年者の場合、保護者の同意が得られていること
(3)町おこしの一環として聖地巡礼に関心があること
(4)当結社の活動方針に賛同し、当結社の活動理念及び活動方針に賛同し、空想時代劇「鬼神童女遊侠伝」シリーズを通じて、日本の鬼の文化の継承と発展に貢献したいと考えていること

第9条(申込方法)

架空史跡登録の申込は、乙が「架空史跡登録申込」画面にて申込フォームに必要事項を入力し、送信することで申し込みの意思表示があったものとします。フォーム送信後、乙の指定したメールアドレス宛てに申込の確認と登録申込料金の振込について記載した自動返信メールが送られ、申込が完了するものとします。

第10条(申込料金)

申込料金は、10,000円(税込)とします。
2 登録更新時の更新料金は、前項に準じるものとします。

第11条(料金支払方法)

架空史跡登録申込料金の支払は、甲が指定する銀行口座に乙が振り込むことによって行うものとします。
2 料金支払時の振込手数料は、乙が負担するものとします。

第12条(支払期限)

支払期限は、申込日から起算して1ヶ月以内とします。
2 乙が期限内に料金を支払わなかった場合、甲は乙の申込を取り消すことができるものとします。

第13条(史跡登録)

甲は、乙の登録申込料金の支払いを確認した後、専用の史跡伝承者IDを付与し、速やかに史跡を登録するものとします。
2 甲は、架空史跡登録原簿に史跡を登録した後、乙に対して、速やかに架空史跡登録証を発行するものとします。
3 甲は、史跡登録の内容を架空史跡一覧に掲載し、電子媒体又は紙媒体によって公表するものとします。

第14条(取得権利)

乙は、送付された架空史跡登録証の内容を複写し、歴史散策のための立札等を作成して観光資源として利用することができるものとします。 但し、立札の設置は、各自治体の条例及び地権者の許諾に基づいて行うものとします。
2 乙が架空史跡登録の内容に基づき各種創作物の販売を行う場合は、別途、甲が提供する創作師登録制度を利用するものとします。

第15条(架空史跡の内容にまつわる著作権の共有)

乙は、当結社に加盟する創作師に対して、架空史跡の内容に基づき創作活動をする権利を共有するものとします。

第16条(史跡登録内容の書換手続)

乙は、史跡登録内容に変更が生じた場合、その書換手続を申請することができるものとします。
2 書換手続は、電子郵便より行うものとし、史跡伝承者IDを添えて変更事項を甲に届け出るものとします。
3 書換手続の際、甲は、乙に対して、手数料を請求することができるものとします。

第17条(延滞金)

甲は、乙が料金の支払いを遅延した場合、次に定める計算式に基づき、延滞金を請求することができるものとします。

延滞金額 = 史跡登録料金 × 年率6% ÷ 365日 × 遅延日数

第18条(禁止事項)

乙は、次の各号に該当する内容を史跡として登録することはできないものとします。
(1)武州鬼姫信仰の内容に即さない記述を登録することはできません。
(2)有名な歴史的事実を不当に歪曲させるような記述を登録することはできません。
(3)実在する特定の個人、団体、地域の名誉を不当に毀損するような記述を登録することはできません。

第19条(史跡登録の取消)

乙が次の各号に一つでも該当する場合は、甲は、事前の通知をすることなく、乙の史跡登録を一時停止又は取り消すことができるものとします。
(1)史跡登録申込時に虚偽の申告をした場合
(2)入力されている情報の改ざんを行った場合
(3)甲の運営に対して干渉又は妨害をした場合
(4)他の史跡伝承者に対して損害又は著しい精神的苦痛を与えた場合
(5)本規約のいずれかに違反した場合
(6)その他、甲が史跡伝承者として不適当と判断した場合

第20条(免責事項)

甲は、乙に対して史跡登録証を発行し、史跡登録一覧を製本保存する役務を保証するものであり、乙が存命中に直接的又は間接的に特別な利得を得ることを保証するものではありません。

第21条(不可抗力)

天変地異、戦争、革命又は政変などの予測不可能な事態によって甲が運営を継続できなくなった場合、甲は、乙に対する便益の提供を放棄することができるものとします。

第22条(解約返金)

乙は、史跡登録料金の入金前に限り、申込を取り消し、有効に解約することができるものとします。
2 甲は、乙によって史跡登録料金の入金がなされた後には、解約及び返金に応じないものとします。

第23条(登録の抹消)

乙は、甲に対して、電子郵便によって史跡登録の抹消を届け出ることにより、史跡登録原簿から当該史跡を削除できるものとします。但し、史跡登録の削除により、乙は史跡登録に関わる表現の著作権を放棄するものとします。

第24条(有効期間)

本規約は、乙の申込により効力を発し、甲の活動が存続する限り、史跡登録を抹消するまで有効とします。

第25条(規約内容の変更)

甲は、自らの活動を継続する上で必要がある場合、いつでも本規約の内容を変更することができるものとします。
2 規約内容の変更は、本規約書が更新され公示された時点で効力を発し、乙は、当該変更事項について承諾するものとします。

第26条(準拠法)

本規約の準拠法は、日本国の法令とします。

第27条(合意管轄裁判所)

甲と乙の間で法律上の紛争が生じた場合、さいたま地方裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

以上の規約条項について、乙が架空史跡登録申込をすることにより、内容を理解し承諾したものとします。

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 代表 秋元惟史
平成30年1月6日 作成・施行

架空史跡登録申込規約書を保存又は印刷する(PDF)
申込年月日 西暦日 ※必須
申込区分 新規 継続※必須
お名前(本名) ※必須
郵便番号 ※必須
住所1(都道府県) ※必須
住所2(市区町村) ※必須
住所3(それ以降) ※必須
電話番号(半角) ※必須
電子郵便(半角) ※必須
電子郵便 確認(半角) ※必須
電脳拠点媒体
homepage (半角)
※必須
生年月日 西暦日 ※必須
年齢(半角) ※必須
性別 男性 女性※必須
保護者同意(未成年のみ) 同意しています。
規約同意 同意しています。※必須
登録料金
※必須 
史跡名称 ※必須
史跡所在地 ※必須
史跡画像1
※必須 5MBまで 横500px × 縦500px以内 JPEG,GIF,PNG 
史跡画像2
※必須 5MBまで 横500px × 縦500px以内
JPEG,GIF,PNG
史跡概要・由緒書
※必須 400字~800字程度
史跡交通案内 ※必須

 

※IPアドレスを記録しております。いたずらや嫌がらせ等はご遠慮ください



戻る


栄久広告貼出所
(100個自動抽出)

栄久広告貼出所(特設一覧)

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部は、広告師様による栄久広告貼出所への広告掲載料金によって、広告宣伝費を調達しています。
大規模広告を展開し、集客力を向上させるため、栄久広告の出稿にご協力ください。

栄久広告掲載を申し込む