表紙>鬼姫神社>神職巫女


鬼姫神社


神職巫女

鬼姫神社なら誰でも神社運営に参加できます

日本で一番かわいい鬼神様を祀る「鬼姫神社」の神職や巫女になってみませんか?

鬼姫神社は、伝統神道の固定観念に縛られない、神社本庁の管轄を受けない同人結社直営のまったく新しい単立神社です。
現在はインターネット神社として細々と運営していますが、将来的には「武州鬼姫信仰」を本物の民間伝承として確立することを目指しているため、根本聖地の建設と、全国規模の分社を張り巡らせることを計画しています。
そのため、鬼姫神社の独自の取り組みとして、直属の神職及び巫女の就任権を一定の手続きのもとに認定致します。

一般的な神社への奉職の場合、神社本庁の認定する階位を取得していることが前提となります。
神社本庁の階位を取得するには、國學院大學に入学して神職課程を履修し、必要な単位を取得しなければなりません。
もちろん、民富田智明も神社の子弟ではないため、神社の階位などありません。

しかし、国家神道が解体された現在、神社本庁の認定する階位は、法律上の根拠のない民間資格にすぎないので、私設の単立神社であれば関係ありません。
鬼姫神社の御祭神は、民富田智明が創作した偶像(キャラクター)なので、すべての祭祀権は創作者に帰属します。
従って、民富田智明が認定すれば、鬼姫神社の中では、誰でも神職や巫女になることができるのです。

神社巡りを続けているうちに神道の世界観に興味を抱き、神様への信仰心から、神様を祀り、神職や巫女になってみたいと思った方は少なくないと思います。
仏教と違って、神道には具体的な戒律や教義はありませんし、特別な聖典もありません。
ただ、神様を大切にする純粋な気持ちがあれば、本来ならば、それで十分なのです。

鬼姫神社の運営に参加するのに、堅苦しい作法はまったくありません。
何もないところから始める取り組みなので、すべての様式を手作りすることができます。
まさに、鬼姫神社は、創作活動家のための「自分で作れる神社」なのです。

神職や巫女に就任する方法

鬼姫神社の神職及び巫女に就任するには、根本聖地建設計画に協賛し、建設と維持のために資金協力していただく必要があります。
就任希望の方は、以下の申込要項をご確認ください。

申込資格
  1. 同人結社創作信仰鬼姫狂総本部に創作師兼伝道師又は広告師として登録され、会員証の発行を受けていること
  2. 根本聖地建設協賛金を支払い、神職巫女就任権の認定を希望していること
権利付与 【男性】神職就任権
【女性】巫女就任権
鬼姫神社本社での例大祭などの運営に参加し携わることができます。(行事ごとに募集)
独自に鬼姫神社分社を設け、神主として神社を運営することができます。(世襲可)
なお、鬼姫神社における神職と巫女は呼称の違いであり、職域に上下関係や内容の差異はありません。
協賛金額

通常価格10,000円(税込)
未成年割引5,000円(税込)

聖地の建設及び維持のため、1年ごとにお納めください。

建立支援特典
  1. 鬼姫神社建立支援者記録簿に記名し、宝物殿に収蔵します。
  2. 鬼姫神社建立記念碑に刻名します。
所属宗教 ご自身やご実家の宗教宗派は問いません。
宗教転属は不要ですし、出家を求めるものではないので、在家のまま安心して神職や巫女に就任できます。
実務研修 自主的活動になりますので、神職や巫女に従事するための実務研修はありません。
特別な作法はないので、神道祭式の教本を読むなど、ご自身で工夫して修得し、実践してください。
注意事項

鬼姫神社は、神社本庁管轄の神社ではありません。
神社本庁とは無関係なので、お問い合わせなどはしないようにお願いします。

お問い合わせ 鬼姫神社の根本聖地建設計画及び神職巫女就任権についてのお問い合わせは、電子郵便受からお願いします。

▲このページの上部に戻る



戻る