表紙>鬼姫狂概要>基本情報>結社会則


鬼姫狂概要


結社会則

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部の定款のようなもの

第1条(趣旨)

この会則は、当結社の活動理念に基づき、代表及び加入する創作師又は伝道師が秩序正しく快適に創作活動及び宣伝活動を行うために必要な事項を定めるものとします。

第2条(名称)

当結社の正式名称は、「同人結社創作信仰鬼姫狂総本部」と称します。

第3条(目的)

当結社は、架空の民俗信仰「武州鬼姫信仰」を題材とした空想時代劇「鬼神童女遊侠伝」シリーズの公表を通じて、日本に古来から伝わる鬼の文化を継承し、新しい創作文化として発展させ、日本の文化的振興に貢献することを目的とします。

2 当結社は、主に思春期以降の異性に興味を持ち始めた青少年を対象に、魅力的な美少女を前面に押し出した娯楽作品を提供し、また、その派生的制作物として各種の学習教材を提供し、それらを通じて、青少年の情操発達及び学業促進にに寄与することを目的とします。

第4条(活動)

当結社は、前条の目的を達成するために次の活動を行います。

(1)映像紙芝居の企画・制作及び販売。

(2)塗絵、絵本、漫画、挿絵小説、学習教材等の電子出版物又は書籍の企画・制作及び販売。

(3)電子遊戯物の企画・制作及び販売。

(4)電子歌曲の企画・制作及び販売。

(5)図絵を添付した紙製玩具、印刷物、実用文房具の企画・制作及び販売。

(6)鑑賞用書画、立体造形物の企画・制作及び販売。

(7)その他前各号に付帯又は関連する一切の活動。

2 前項に定めた活動は、目先の流行にとらわれず、長期的な視野をもって遂行するものとします。

第5条(代表)

当結社の代表は、創始者である秋元惟史とします。

2 代表権の承継は世襲制とし、創始者の引退時に著作権と共に実子へ譲渡するものとします。

第6条(事務局)

当結社の事務局は、前条で定めた代表の住所地とします。

第7条(信仰)

当結社の信仰は、架空の民俗信仰「武州鬼姫信仰」とします。

2 当結社の信仰対象は、童女姿の鬼神様を主祭神、山狗様と山鴉様を眷属神と定め、その御神名は次の通り定めるものとします。

(1)主祭神・花吹雪凜凜志乃大鬼姫神様(はなふぶきりりしのおおおにひめのかみさま)。

(2)眷属神・遠吠猛牙突立大狗神様(とおぼえのたけききばつきたてるおおいぬのかみさま)。

(3)眷属神・夜鳴天空飛翔大鴉神様(よなきのあまつそらとびかけるおおからすのかみさま)。

3 当結社の根本聖地は、「武州秩父鬼姫山」とします。

4 前2項1号に定めた祭神は、勧善懲悪を司る強大な力を持つものとし、武州総鎮守として国土平和の維持に霊験があるものとします。

5 前2項1号に定めた祭神は、信心する一切諸兄に対し萌力を発し、たちまちに心魂を慰癒する霊験があるものとします。

6 当結社の信仰は、八百万の神々を祭祀する神道の影響を受けたものであり、あらゆる神霊妖魔の存在を前提とし、天地万教の世界観を否定せずに受け入れるものとします。

7 前各項は、すべて当結社の世界観演出のための設定であり、宗教的意味のないものであることを宣言するものとします。

第8条(会員組織)

当結社は、代表を中心とする会員制の創作連合体を組織し、次に定める会員によって、主体的な創作活動、宣伝活動、購買活動を行うものとします。

(1)創作師……創作物を企画・制作・頒布する個人作家。

(2)伝道師……創作物を流通促進する個人宣伝員。

(3)利用者……創作物を購買する一般消費者。

(4)広告師……栄久広告貼出所に広告を掲載する個人広告主。

第9条(入会資格)

当結社への入会資格は、第7条で定める信仰を持つことを絶対条件とし、具体的な条件は別途定めるものとします。

第10条(入会)

当結社への入会は、前条の入会資格のある者であればいつでも自由にできるものとし、具体的な方法は別途定めるものとします。

第11条(退会)

当結社からの退会はいつでも自由にできるものとし、具体的な方法は別途定めるものとします。

第12条(知的財産権)

当結社の運営の根幹にある知的財産権は、すべて代表に帰属します。

2 二次創作物に生じる二次的著作権の取り扱いは、別途定めるものとします。

第13条(会計年度)

当結社の会計年度の期間は、毎年1月1日から12月31日までとします。

第14条(合意管轄裁判所)

当結社の運営について、会員及び第三者との法律上の紛争が生じた場合、事務局所在地を管轄する地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第15条(会則の変更)

当結社は、創作師、伝道師及び利用者による事前の了承を得ることなく、本会則を随時変更できるものとし、創作師、伝道師及び利用者はこれを承諾するものとします。
会則の変更は、変更後の結社会則が掲載された時から有効となります。


附則

この会則は、平成25年10月13日より施行します。

平成26年2月8日改定
平成26年2月20日改定
平成26年10月15日改定
平成27年1月21日改定
平成27年3月9日改定
平成28年3月22日改定
平成28年4月24日改定
平成28年7月2日改定
平成29年5月28日改定

▲このページの上部に戻る



戻る