表紙>鬼姫狂概要>基本情報>鬼姫基金


鬼姫狂概要


鬼姫基金

鬼姫基金について 鬼姫基金の財源
基金を作りたいと思ったきっかけ 架空の民俗信仰から現実の御利益を

鬼姫基金について

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部では、空想時代劇「鬼神童女遊侠伝」シリーズによって発生した収益の一部を積み立て、社会正義を実現するためのしかるべき公益活動団体に寄付するための原資として「鬼姫基金」を設置しています。

「鬼姫基金」は、災害復興、自然環境、歴史文化遺産、医療福祉、青少年児童教育などの分野を支援するために使い、任意に送金されます。

▲このページの上部に戻る

鬼姫基金の財源

「鬼姫基金」の財源は、代表者の自己資金、作品販売の収益金、栄久広告掲載枠販売による収益金、創作師登録の収益金、会員証発行手数料の収益金で構成されます。

【代表者の自己資金】

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部の代表である秋元惟史が、発起人として率先して自己資金を積み立てます。

【作品販売の収益金】

作品販売の収益金からは、その4%が「鬼姫基金」として積み立てられます。
作品を買うという日常的行為の中で社会貢献に役立てられる、最も簡単な方法です。
たとえば、作品の年間総売上が100万円だった場合、4万円が「鬼姫基金」の原資となります。

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 収益配分表 2017年制定

【栄久広告掲載枠販売の収益金】

栄久広告掲載枠販売の収益金からは、その10%が「鬼姫基金」として積み立てられます。
栄久広告掲載の費用は原則として毎年課金制なので、毎年10%が社会貢献に役立てられます。たとえば、栄久広告掲載の年間総売上が1億円(1万枠完売)だった場合、1000万円が「鬼姫基金」の原資となります。

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部 収益配分表 2017年制定

【創作師登録の収益金】

創作師登録の収益金からは、その10%が「鬼姫基金」として積み立てられます。
創作師登録の費用は毎年課金制なので、毎年10%が社会貢献に役立てられます。たとえば、創作師登録の年間総売上が1億円(登録数1万人)だった場合、
1000万円が「鬼姫基金」の原資となります。

【会員証発行手数料の収益金】

会員証発行手数料の収益金からは、その10%が「鬼姫基金」として積み立てられます。
会員証発行手数料は毎年課金制なので、毎年10%が社会貢献に役立てられます。
たとえば、会員証発行手数料の年間総売上が5000万円(発行数1万人)だった場合、500万円が「鬼姫基金」の原資となります。

▲このページの上部に戻る

基金を作りたいと思ったきっかけ

【善意による正しいお金の使い道として】

自分には社会正義を実現するための時間と実力がなく、公益活動団体に意志を託して支援するにはお金が必要だからです。

民富田智明は、小さい頃から漫画や映画等の物語の中で活躍する「正義の味方」に憧れ続けてきました。
物語の中の主人公は、凶悪犯罪や自然災害に敢然と立ち向かい、名もなき人々を救います。
私は、そのような英雄に憧れるものの、年を経るにつれて、凡人でしかない自分に無力さを感じるようになり、創作の世界に理想を投影して生きることに活路を見出すしかありませんでした。
創作の世界で「正義の味方」を描くには、「正義とは何か」という問いを延々と繰り広げなければいけません。
創作以外は何もできない凡人でしかない自分が「正義」を考え続けることは、自分の実像との乖離に苦悩する要因ともなります。
ただ創作の世界に理想を投影するだけでは、「現実の何かを救うこと」ができません。
物語の中で「正義」を描いたところで、現実に生きる自分が「正義」を実践できないようでは、その「正義」は表層的なものでしかないということになります。

色々なことに迷い、何もできない凡人だけれども、間接的な形であっても、何かの役に立ちたい。
目の前の生活と、当結社の運営に精一杯な中、自分の労力の代わりに働いてくれるのはお金だけです。
そこで、しかるべき公益活動団体に意志を託し、採算的に無理のない範囲で寄付をするしかないと思い、「鬼姫基金」を考案しました。

【欲望が穢れる歯止めとして】

もともと、当結社は、民富田智明が独立して生きていくことができるようになるために、お金を稼ぐ仕組みとして立ち上げたキャラクタービジネスです。
つまり、自分の生業として収入を得られるようになり、資産を形成することが第一の目的です。
お金が増えれば増えるほどできることも増えますので、高収入に憧れのない人など、どこにもいないでしょう。
とはいえ、節度を知らず私利私欲に走る金の亡者というのは、民富田智明が最も嫌う人種ですので、自分がそれと同類になるわけにはいかないのです。
人間の利己的な欲望は、歯止めがなければ際限なく膨らむものです。
そのため、「鬼姫基金」を運用して私益の一部を公益に還元する仕組みが、己の欲望を清浄なままに保つのです。

▲このページの上部に戻る

架空の民俗信仰から現実の御利益を

「鬼姫基金」の運用によって、実社会の諸問題の解決に少しでも貢献できるようになりたいと考えています。

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部はまだ草創期であり、社会活動として一般的に認知されていません。
そのため、「鬼姫基金」が積み立てられるようになるまでには長い潜伏期間が続くかもしれません。
そこから運用される支援額もわずかなものでしかないかもしれません。

「武州鬼姫信仰」は、民富田智明が創作した架空の民俗信仰です。
現実には存在しない、架空の鬼神様への信仰に過ぎません。
しかし、架空の鬼神様を描いた作品から現実世界に貢献できる生き金が生み出せるようになれば、それは「本物の御利益」につながるのだと信じています。

▲このページの上部に戻る



戻る


栄久広告貼出所
(100個自動抽出)

栄久広告貼出所(特設一覧)

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部は、広告師様による栄久広告貼出所への広告掲載料金によって、広告宣伝費を調達しています。
大規模広告を展開し、集客力を向上させるため、栄久広告の出稿にご協力ください。

栄久広告掲載を申し込む