表紙>創作物企画>最新情報>映像紙芝居>「鬼神童女遊侠伝/うどん屋にたかる大狐」>物語内容

創作物企画


映像紙芝居

「鬼神童女遊侠伝/うどん屋にたかる大狐」

作品詳細
企画概要 参加者紹介 登場人物 物語内容

物語内容

遠い昔、武州入間地方のとある村の街道に、若い兄妹が営む一軒のうどん屋があった。
ある日、ごろつきの大狐・地回りの高郎が手下を連れてやってきて、「勝手にきつねうどんを売るのは許さん」と言いがかりをつけ、売り上げを全部よこすように要求してくる。
店の主が断ると、高郎は手下に売り物の油揚げを食い荒らさせ、その上「嫌なら代わりに毎日娘を食わしてもらおう」と無茶を言い出す。
主は拒絶するが、高郎に刀で叩き斬られてしまう。
実は、高郎がたかりをかけてきたのはただの口実で、初めから娘の体が目的であった。
高郎の魔の手が娘に迫っていく。
その時、立派な二本角を生やした童女姿の鬼神・花吹雪のお凜様が、お供の山狗と山鴉を従えて颯爽と現れる。
お凜様は、娘を守り、主の命を救うために刀を抜き、高郎相手に敢然と立ち向かっていく。
作品詳細
企画概要 参加者紹介 登場人物 物語内容

▲このページの上部に戻る



戻る


栄久広告貼出所
(100個自動抽出)

栄久広告貼出所(特設一覧)

同人結社創作信仰鬼姫狂総本部は、広告師様による栄久広告貼出所への広告掲載料金によって、広告宣伝費を調達しています。
大規模広告を展開し、集客力を向上させるため、栄久広告の出稿にご協力ください。

栄久広告掲載を申し込む